So-net無料ブログ作成
ビジネス一般 ブログトップ
前の10件 | -

自粛と規制 [ビジネス一般]

興味深い政府の政策が2つありました。

1つめはLED電球に関するもの。

【政府、白熱電球のLED化要請 パナソニックは年内に生産終了 】

http://www.nikkei.com/article/DGXNASDD130GY_T10C12A6TJ1000/

当初は量販店へも白熱電球の販売を「自粛」させ,LED電球へと転換させようとしていましたが,反発をうけてトーンダウンしたようです。

日本は本当にこの「自粛」というのが大好きです。しかし自粛というのは責任を回避しながら,ある事柄を事実上強いる行為。また裁量主義がはびこることとなり,どこからどこまでが「自粛」で,どこからが「お目こぼし」なのかも曖昧になります。

LEDへの切り替えが政策として重要なのであれば,自粛などという姑息な手段を使わずに,正々堂々と法律で規制すればよいこと。よく中国におけるビジネスで「人治主義」によるリスクが指摘されますが,この自粛政策は中国のそれと同じようものです。

一方で,つまらないところに「規制」がかけられています。

【「レバ刺し」禁止決定 7月1日から 厚労省】

http://sankei.jp.msn.com/life/news/120612/trd12061217370018-n1.htm

日本国民は幼児なのでしょうか。食べるものまで国に決められるとはあまりに情けない。大切なのはリスクに関する情報開示であって,規制ではありません。情報に基づき,決めるのは消費者自身でよいはず。こういうことの積み重ねが,「お上」頼りで問題がおきると誰かに責任転嫁する姿勢を生み出してしまいます。

企業経営と同じく,政府が判断すべきは国家の大きな方針に関わる問題であり,細かなことは現場がしっかりと自分で考えて行動すればよいこと。どうも日本はそれが逆転してしまっているように思えてなりません。


「空気」の研究 (文春文庫 (306‐3))

「空気」の研究 (文春文庫 (306‐3))

  • 作者: 山本 七平
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 1983/10
  • メディア: 文庫



「空気」と「世間」 (講談社現代新書)

「空気」と「世間」 (講談社現代新書)

  • 作者: 鴻上尚史
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2009/07/17
  • メディア: 新書



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

ソフトバンクがプラチナバンドを獲得 [ビジネス一般]



大方の予想通り,900メガヘルツの周波数がソフトバンクに割り当てられることが決まりました。

マーケティングに関してはドコモやauよりも巧みなソフトバンクですが,通信の「品質」に関しては大きく出遅れていました。これですでにプラチナバンド(800メガヘルツ)を持つ両社と互角に戦える環境が整ったと言えます。まもなく発表されると言われているiPad3はソフトバンクとau,ひょっとしたらドコモまでも発売するかもしれません。ますます競争が激化する可能性が高まります。

ただ価格については高止まりするかもしれません。これまで価格競争を先導してきたソフトバンクは,通信品質の面でのディスアドバンテージを価格で補ってきた面が大きいと言えます。その部分が解消されるわけですから,単純な値引きからコストパフォーマンスへと競争の土俵が変わるかもしれません。


iPhone「女子」よくばり活用術 (デジタル仕事術選書)

iPhone「女子」よくばり活用術 (デジタル仕事術選書)

  • 作者: 高橋 浩子
  • 出版社/メーカー: 技術評論社
  • 発売日: 2010/10/14
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



iPhone 4S スタートブック (SOFTBANK MOOK)

iPhone 4S スタートブック (SOFTBANK MOOK)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: ソフトバンククリエイティブ
  • 発売日: 2011/11/09
  • メディア: ムック



ソフトバンク 新30年ビジョン

ソフトバンク 新30年ビジョン

  • 作者: ソフトバンク 新30年ビジョン制作委員会
  • 出版社/メーカー: ソフトバンククリエイティブ
  • 発売日: 2010/12/02
  • メディア: 単行本



孫正義が語らない ソフトバンクの深層

孫正義が語らない ソフトバンクの深層

  • 作者: 菊池 雅志
  • 出版社/メーカー: 光文社
  • 発売日: 2010/12/16
  • メディア: 単行本



iPad3 発売日どころか価格までばれた? [ビジネス一般]

これも中国リスク?

iPad 3の価格がリーク! しかも5日に成田便で出荷されるらしいよ

しかしこんなのが出てきてはさすがにまずいでしょう。

もちろんガセかもしれませんが,もし本当であれば守秘義務もなにもあったものではない。

アップルがへそを曲げて発売日を変えないことを祈ります。iPad2への乗り換えを断念した私としては,一日も早いiPad3の発売を望んでいるので。


中国のジレンマ 日米のリスク (新潮新書)

中国のジレンマ 日米のリスク (新潮新書)

  • 作者: 市川 眞一
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2011/08
  • メディア: 単行本



「壁と卵」の現代中国論: リスク社会化する超大国とどう向き合うか

「壁と卵」の現代中国論: リスク社会化する超大国とどう向き合うか

  • 作者: 梶谷 懐
  • 出版社/メーカー: 人文書院
  • 発売日: 2011/10/14
  • メディア: 単行本



中国ビジネスのリーガルリスク―中国人の法意識と商事・労働紛争解決法

中国ビジネスのリーガルリスク―中国人の法意識と商事・労働紛争解決法

  • 作者: 梶田 幸雄
  • 出版社/メーカー: 日本評論社
  • 発売日: 2007/12
  • メディア: 単行本



iPadバカ タブレットにとり憑かれた男の究極の活用術

iPadバカ タブレットにとり憑かれた男の究極の活用術

  • 作者: 美崎 栄一郎
  • 出版社/メーカー: アスコム
  • 発売日: 2011/01/19
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



できるポケット iPadを快適に使いこなす 基本&活用ワザ150

できるポケット iPadを快適に使いこなす 基本&活用ワザ150

  • 作者: 松村太郎
  • 出版社/メーカー: インプレスジャパン
  • 発売日: 2010/06/18
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

もうすぐ初代のぞみ引退 [ビジネス一般]

ちょうど就職活動のときでした。

住んでいた京都からセミナーや面接のために上京した日,こののぞみの初故障にジャストミート。私の記憶ではボルトが落下したか何かで,後続の新幹線がすべてストップ。私もその1両に乗り合わせていて,京都から東京が6時間以上もかかったように思います。

それがトラウマになったのか,「のぞみ」=故障しやすいというのがいまだにすり込まれています。

最近は飛行機を利用することが多くなりましたが,前職時代,それも新米社員の頃には毎週のように300系のぞみにのって東京にいっていました。徹夜でレポートを仕上げ,始発ののぞみで東京へ。そんな私には30分の時間短縮が恨めしかったのですが。なぜなら大切な睡眠時間だったから。

そんな若かりし日の思い出とともに,のぞみに一言。「この野郎!」そして「ご苦労さん」





新幹線のたび ~はやぶさ・のぞみ・さくらで日本縦断~ (講談社の創作絵本)

新幹線のたび ~はやぶさ・のぞみ・さくらで日本縦断~ (講談社の創作絵本)

  • 作者: コマヤス カン
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2011/03/19
  • メディア: ハードカバー



新幹線“のぞみ47号”消失! (徳間文庫)

新幹線“のぞみ47号”消失! (徳間文庫)

  • 作者: 木谷 恭介
  • 出版社/メーカー: 徳間書店
  • 発売日: 2002/08
  • メディア: 文庫



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

スマホ戦争 [ビジネス一般]

【スマホ出荷数、サムスンが僅差でアップル制す】

拡大が続くスマートフォン市場。ハードの覇権をめぐる戦いも熾烈を極めています。

昨年はサムスンがシェアの面で0.1ポイント差でアップルをかわしていますが,しかしアップルはiPhoneのみでこの数字。驚異的なマス・マーケティングです。それもiPhone5という切り札を温存した上での数字ですから,個人的にはアップルの勝利ではないかとも思っています。


iPhone 4S オーナーズブック

iPhone 4S オーナーズブック

  • 作者: Studioノマド
  • 出版社/メーカー: 秀和システム
  • 発売日: 2011/10/22
  • メディア: 単行本



活況を呈するスマホ市場ですが,それを支える日本の通信インフラはあまりにも脆弱。先頃,関東地方でドコモのネットワークがトラブルを起こし,通話もメールもできない状態が長時間にわたり続きました。

そして今日は関西ドコモ。通話障害だそうです。

【ドコモ今度は通話障害 関西で40分間、交換機故障 】

記事にもありますが,ドコモはこの半年で6回もの通信障害を発生させているとのこと。もちろんすべてがスマホに関連するわけではないのかもしれませんが,急激に拡大する新しい製品・サービスにインフラや運営ノウハウがついて行けていない印象を持ちます。

小売業ではバックヤードや物流,飲食業ではキッチンスペース。こういう裏方がしっかりしてないで急拡大を続ける企業は,その多くが衰退しています。ブームに乗り遅れないようにする気持ちもわかりますが,一方でしっかりと足場を固めないと。


バックヤードの戦士たち―ソニーe調達プロジェクト激動の一一〇〇日

バックヤードの戦士たち―ソニーe調達プロジェクト激動の一一〇〇日

  • 作者: 吉田 育代
  • 出版社/メーカー: ソフトバンククリエイティブ
  • 発売日: 2002/08
  • メディア: 単行本



日本スーパーマーケット原論―本物のスーパーマーケットとは何か

日本スーパーマーケット原論―本物のスーパーマーケットとは何か

  • 作者: 安土 敏
  • 出版社/メーカー: ぱるす出版
  • 発売日: 1992/06
  • メディア: 単行本



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

システム障害 [ビジネス一般]

どうも最近,システム障害が続いているような気がします。

SMBC日興証券でシステム障害、入出金できず】

この間は東証で,そしてその前にはNTTドコモが関東エリアで大規模なシステム障害を起こしています。
かつてはみずほ銀行も深刻なシステム障害を引き起こし,決済が麻痺するしてしまったことがありました。

どの案件でも,当事者を厳しく糾弾する声は多く聞かれましたが,何が本当に問題なのかということを,批判する側もされる側も考えているのでしょうか。

私はドコモの事案の時,ちょうど東京に行っていたのですが,このニュースを聞いたとき「首都東京のど真ん中の通信網が遮断されているって,本当に怖いなあ」と感じました。例えばその瞬間に大きな地震が襲ってきたら,テロが発生したら一体日本はどうなるのだろうと。

実際はどうか知りませんが,首相官邸をはじめとして主要な省庁が集積している霞ヶ関エリアも当然ドコモのサービスは停止していたわけです。いわば日本の司令塔があるエリアで,日本の携帯シェア50%を握る企業のサービスが停止する。これって本当に怖いことです。何処までバックアップ機能が用意されているのか,有事が発生した場合の対応策はどうなっているのか。メディアにはそこまでしっかりと取材してもらいたいものです。

これだけネットワーク化,システム化が進んだ社会において,システム障害は社会全体に大きな危険をもたらす恐れがあることをしっかりと認識なくてはならないと思います。



システム障害はなぜ二度起きたか――みずほ、12年の教訓

システム障害はなぜ二度起きたか――みずほ、12年の教訓

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 日経BP社
  • 発売日: 2011/08/01
  • メディア: 単行本




システムはなぜダウンするのか 知っておきたいシステム障害、信頼性の基礎知識

システムはなぜダウンするのか 知っておきたいシステム障害、信頼性の基礎知識

  • 作者: 大和田 尚孝
  • 出版社/メーカー: 日経BP社
  • 発売日: 2009/01/15
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

“自炊”業者は違法? [ビジネス一般]

最近はtwitterやFacebookにシフトしてきたのですが,2月から徐々にブログも再開しようかと思っています。

さて久々の再開にあたって取り上げたいのが,「自炊」代行業者に対する裁判の話題です。著名作家たちが,書籍などをスキャンして電子データ化する,いわゆる「自炊」を代行する業者に対して,その業務を差し止める訴えを起こしました。



これを野放しにすることは,海賊版が広がる可能性が高いというのが一番の主張のようですが,果たしてこの訴えは認められるのでしょうか。

作家ら著作権者がこの問題に敏感になることはわかりますが,個人的には海賊版が広がるかもという「危険性」だけで,業者の活動を禁ずることには疑問を持ちます。こちらの方は裁判の行方を見守りたいのですが,一方で著作権者たちも「権利の濫用」について反省すべき点もあるのではないでしょうか。

アップルやアマゾン,グーグルといった米国の企業は,音楽や書籍に関して様々な新しいサービスを開発し,それを自社のプラットフォームで提供しています。ところが日本では,そのサービスの大部分は利用することができません。

例えばアップルが提供しているiCloud。複数のデバイス間で情報やコンテンツを自動で同期化できる非常に便利なサービスですが,日本向けでは音楽の同期化が除外されています。アマゾンが提供する電子書籍販売も,日本ではいまだ開始されず。どれも著作権者側の問題だと言われています。

私も知識や情報で飯を食う商売をしているので,著作権者が権利を守ろうとする姿勢をとることは理解できます。しかし一方で,その権利で飯が食えるのはユーザーがいるからこそ。自分たちの権利を過剰防衛する姿勢が,ユーザーの利便性を損なうことは本末転倒です。

創作物を世に送り出すメディアは時代とともに変化します。その変化に対してかたくなにノーを言い続けるのではなく,変化に対して積極的に合わせていくことも大切なのではないでしょうか。そのときの基準は,やはり「ユーザーにとって」のように思います。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

これがグローバルスタンダード経営の本質か [ビジネス一般]



株主総会集中日の今日,不祥事を引き起こした企業も総会を開催しました。

そのうちの1つソニーに関して,三期連続の赤字ながらトップであるストリンガー会長の年俸がアップしているという記事が。

もちろんストックオプションを行使した場合の理論値であり,現金報酬はダウンしています。ただこれが日本人社長であったり,純粋な日本企業であったらどうだろうと考えてしまいます。

倒産すれば,株式会社であっても社長の個人財産を,それこそ身ぐるみはぐまで奪い取る日本社会。いくら契約といえども,赤字の責任を追及されて減俸を迫られることは間違いないのでは。

それでなくともストリンガー体制になってから,ソニーは完全に普通の企業に成り下がっています。何一つイノベーティブで,社会に変化を起こすような製品は開発できていません。それでいて,個人情報漏洩問題では普通の企業らしい対応は何一つできず,その傷を広げてきました。

その経営トップが責任らしい責任をとらない。一時期日本社会が熱病のように信奉した「グローバルスタンダード経営」。その本質が見えるようなお話のように思います。


グーグルで必要なことは、みんなソニーが教えてくれた

グーグルで必要なことは、みんなソニーが教えてくれた

  • 作者: 辻野晃一郎
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2010/11/22
  • メディア: 単行本



ソニーをダメにした「普通」という病

ソニーをダメにした「普通」という病

  • 作者: 横田 宏信
  • 出版社/メーカー: ゴマブックス
  • 発売日: 2008/02/01
  • メディア: 単行本



ソニーはなぜサムスンに抜かれたのか (文春新書)

ソニーはなぜサムスンに抜かれたのか (文春新書)

  • 作者: 菅野 朋子
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2011/01/19
  • メディア: 新書



ソニーは甦るか

ソニーは甦るか

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 日本経済新聞出版社
  • 発売日: 2009/01
  • メディア: 単行本



ストリンガー革命 ソニーの何を変えたのか

ストリンガー革命 ソニーの何を変えたのか

  • 作者: 片山 修
  • 出版社/メーカー: 祥伝社
  • 発売日: 2010/07/27
  • メディア: 単行本



なぜアップルの時価総額はソニーの8倍になったのか? ―『会社四季報』で読み解くビジネス数字の秘密

なぜアップルの時価総額はソニーの8倍になったのか? ―『会社四季報』で読み解くビジネス数字の秘密

  • 作者: 長谷川 正人
  • 出版社/メーカー: 東洋経済新報社
  • 発売日: 2011/03/01
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

ヤフーとローソンが提携 [ビジネス一般]

ちょっと前のニュースで恐縮ですが,コンビニ業界第2位のローソンと,ヤフーがネット分野で提携すると発表しています。

【朝日新聞:ヤフーとローソン提携 顧客・商品情報を相互に融通】
http://www.asahi.com/shopping/news/TKY201106090577.html

ヤフーは,コンビニ業界首位のセブン-イレブンとも書籍などで提携関係を結んでいます。

ヤフーに限らず,多くのネット通販はコンビニと提携を結んでいます。また銀行やメーカー,自治体などもコンビニと提携を結び,料金収納やサービスの窓口,製品開発のためのパートナーとしてコンビニの力を借りています。

これまで何回か取り上げているように,コンビニはすでに日本社会の重要なインフラとなっています。

もはや単なる小売業という枠組みを超え,物流や情報の拠点としての存在感を高めています。今後もその傾向はますます強くなっていくのかもしれません。

コンビニの競争力の源泉。それはかつてダイエーをはじめとする大型小売企業が誇っていた「規模の経済」ではありません。あくまでも情報力なのです。


これから情報・通信市場で何が起こるのか

これから情報・通信市場で何が起こるのか

  • 作者: 野村総合研究所情報・通信コンサルティング部
  • 出版社/メーカー: 東洋経済新報社
  • 発売日: 2009/12/23
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



競争的共創論―革新参加社会の到来 (HAKUTO Management)

競争的共創論―革新参加社会の到来 (HAKUTO Management)

  • 作者: 小川 進
  • 出版社/メーカー: 白桃書房
  • 発売日: 2006/06
  • メディア: 単行本



新装版 イノベーションの発生論理

新装版 イノベーションの発生論理

  • 作者: 小川 進
  • 出版社/メーカー: 千倉書房
  • 発売日: 2007/09/14
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



情報大爆発―コミュニケーション・デザインはどう変わるか

情報大爆発―コミュニケーション・デザインはどう変わるか

  • 作者: 秋山 隆平
  • 出版社/メーカー: 宣伝会議
  • 発売日: 2007/10/15
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

信長の組織掌握術 [ビジネス一般]



部下の掌握。

どの組織でも永遠の課題だと思いますが,希代の英雄織田信長の人心掌握術の一端が見つかったというニュースです。

信長といえば強権的組織管理で,恐怖をベースとした権力掌握を図っていたと思われていることが多いかもしれません。しかし秀吉の妻おねに対する優しさ溢れる手紙に代表されるように,ただそれだけではなかったこともまた知られています。

この記事によれば,いわゆる競争原理を働かせて仕事のスピードを速めさせることを行っていたのではとのこと。このやり方は,秀吉が出世の糸口をつかんだといわれる清洲城の壁補修の手法と同じです。

※清洲城の壁補修についてはこちら→http://allabout.co.jp/gm/gc/296676/

ひょっとしたらオリジナルは信長で,かしこい秀吉はそれを模倣したのかもしれません。

世の中のハウツー本では,何か1つの方法がベストのように論じるものが多いですが,複数の方法を状況に合わせて使い分ける。当たり前のことですが,それが大切なのでしょう。

複雑な人間性こそ,人の心を掴む,組織を動かす大切な要素なのかもしれません。信長が暴君一辺倒だったら誰も付いていかなかったでしょうし。なんだかS先生みたいになってきました(わかる人にはわかりますよね)。


悪の人心掌握術 - 『君主論』講義 (中公新書ラクレ)

悪の人心掌握術 - 『君主論』講義 (中公新書ラクレ)

  • 作者: 金森 誠也
  • 出版社/メーカー: 中央公論新社
  • 発売日: 2005/04/10
  • メディア: 新書



君主論 ビジネスで役立つ人心掌握の智恵150 (East Press Business)

君主論 ビジネスで役立つ人心掌握の智恵150 (East Press Business)

  • 作者: ニッコロ マキアヴェッリ
  • 出版社/メーカー: イースト・プレス
  • 発売日: 2008/07/02
  • メディア: 単行本



変革のリーダー70の力―西郷隆盛の生き方に学ぶ人心掌握術

変革のリーダー70の力―西郷隆盛の生き方に学ぶ人心掌握術

  • 作者: 山元 清則
  • 出版社/メーカー: 展望社
  • 発売日: 2009/07
  • メディア: 単行本



小泉純一郎・田中真紀子 人心掌握の極意

小泉純一郎・田中真紀子 人心掌握の極意

  • 作者: 渡辺 正次郎
  • 出版社/メーカー: 実業之日本社
  • 発売日: 2001/07
  • メディア: 単行本



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事
前の10件 | - ビジネス一般 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。